大人のためのスキルアップ塾

大人になってからの学習のほうが大切です。プログラミングをはじめ、直ぐに仕事に活かせるスキルが学べます。ネットで無料で学べる講座です。
大人のためのスキルアップ塾トップ > アイデアを出すコツ > アイデアを出すためのコツは、メモと視点の変化です。
新着情報

スポンサードリンク



アイデアを出すためのコツは、メモと視点の変化です。
今回は、「実際にどのようにしてアイデアを出すのか」について、説明したいと思います。

アイデアを出す最大のコツは、「メモすること」と「視点を変えること」です。

前回は、アイデアを出すために必要な要素について書きました。これらはアイデアを出すための下準備のようなものです。

アイデアをたくさん出すために、必要な要素について。

準備が整ったら、いよいよアイデアを出す作業に入ります。

あなたにも合うかどうかは分かりませんが、参考までに、私が実践している方法について、書いてみたいと思います。

私は毎朝の行動が、大体決まっています。意識的に、なるべく例外の日を作らないようにしています。

・朝起きる
いつも5時に起床しています。早朝は静かなので、集中できるのと、邪魔が入りにくいからです。

睡眠時間は、最低でも7時間は確保したいところです。

逆算すると、何とか22時には寝たいのですが、実際には、23時になることもあります。

*足りない分は、短時間の昼寝で補う



・軽い食事
朝食までには時間があるので、水を飲み、バナナを食べます。バナナは脳や体の栄養源として、適していると言われています。



・文章を書く
朝食までの時間に、ブログに掲載する記事を書くようにしています。この記事もその一つです。

とにかく必死に考え、必ず一つ以上の記事を仕上げます。

この段階では完成度は重視しません。とりあえず思ったことを文字として書くことが大事です。

朝は時間制限があることもメリットです。限られた時間で、必ず仕上げるようにしています。

また、文章を書くことで、問題意識が生まれるメリットがあります。自分に足りない部分が分かるからです。

そして問題意識を持つと、アンテナが張られた状態になるので、情報に気付きやすくなります。



・朝食
朝食の時は、テレビを見たり、新聞を読んだりしています。これが情報のインプットになります。

テレビの特集がヒントになったり、アイデアが出るキッカケになることが多いです。

例えば、「ワンコインランチ」という特集で、500円でどんなランチが食べられるか紹介していたとします。

この時に、

・「ワンコイン + アドバイス」、「ワンコイン + コンサルティング」はどうだろうか?
・500円では安すぎるので、1,000円ならどうだろう?
・確か1,000円ショップがあったな。
・ワンコインのアイデアを使えそうな分野が、他に無いかな?
・100円、50円なら何ができるだろうか?
・さらに、10円でできることは? そういえば 「20円」で世界をつなぐ仕事 という本があったな。

などと考えたりします。

そして思い付いたことは、必ずメモします。早朝に書いた記事とは、無関係の内容も多いです。



シャワー
軽い運動を兼ねて、シャワーを浴びます。これが「視点を変えること」になっています。

私の場合は、なぜかこの時間帯にアイデアがバーと出てきます。

今朝書いた、文章の構成やストーリーの改善点を思い付くこともあります。

・言いたいことが二つあるので、文章を分けたほうがいいかも
・順番を変えたほうがわかりやすいかな
・こんな例はどうだろうか?
・説明の仕方を変えたほうがいいかも

というようなことを思い付きます。

まるでパズルが組み立てられるような感覚です。長い間漠然と考えていたことが、ピタッとはまる場合もあります。

他にも、いろんなアイデアが出てきます。

アイデアは、すぐに出来そうなことから、長期間かかりそうなもの、今の段階では無理なものまで、様々です。

多分、1週間で行なう作業分のアイデアは、思い付くハズです。

もちろん使えないアイデアや、くだらないアイデアも多いです。でもたくさん出せば、一つくらいは、使えそうなものが混ざっているものです。



・メモする
お風呂から出たら、忘れないうちに、最優先でメモします。

アイデアのメモに15分以上かかることもあります。ほとんど忘れていることも多いのですが。(笑)

最近は、100円ショップでも、防水メモが販売されているので、お風呂場でもメモすることができます。

あとは、今朝書いた記事を見直したり、他のアイデアを実際に試してみたりします。

こんな日常なので、アイデアを書いたメモ(A5ノート)は、毎日増えていきます。

今では数冊になっているので、数年分のアイデアが蓄積されていることになります。

だからアイデアが出なくて困ることはありません。逆に多すぎて、実行する時間が足りず、困っているほどです。

どんな方法が適しているかは、人によって違うと思います。

あなたも自分自身に合った「アイデアを出す方法」を見つけてください。きっとアイデアが出やすいパターンがあるはずです。

| アイデアを出すコツ | pookmark |

スポンサードリンク





Copyright 2014 pfmag All rights reserved.

プライバシーポリシー

にほんブログ村 IT技術ブログへ JUGEMブログテンプレート ▲このページの先頭へ