大人のためのスキルアップ塾

大人になってからの学習のほうが大切です。プログラミングをはじめ、直ぐに仕事に活かせるスキルが学べます。ネットで無料で学べる講座です。
大人のためのスキルアップ塾トップ > 辞書を活用する > 辞書を引くことが、スキルアップにつながる理由とは?
新着情報

スポンサードリンク



辞書を引くことが、スキルアップにつながる理由とは?
辞書で調べることは、今日からすぐできるスキルアップです。

あなたは「辞書を引くだけで、スキルアップになるの?」と思うかもしれません。

でも十分スキルアップにつながるのです。

なぜなら、知らないことを辞書で調べるという単純なことが、ちゃんと出来ている人が少ないからです。

人は知らないものが出てきた時に、辞書を引くのが面倒なので、つい「多分こんな意味だろう」と勝手に解釈してしまいがちです。

例えば、「早い」と「速い」や、「制作」と「製作」、「若干」と「弱冠」など、似たような言葉の違いがあります。

その場は何とかしのげるかもしれませんが、間違った解釈が蓄積すると、あとでわからなくなります。

これが学習を途中で挫折してしまう原因の一つになるのです。

特に漢字は、文字から意味を推測しやすいので、大人になるほど辞書を使わなくなります。

だからちゃんと辞書で調べることだけで、他者との差別化になります。

例えば、会社で同じような書類作成を任された時です。

一人は自分の知っている言葉だけで、書類を作成しました。

もう一人は、わからない言葉はちゃんと辞書で調べました。そして「難しいかな」と思う部分は、類義語を調べ、読むターゲットになる人が、わかりやすい言葉に修正しました。

どちらが読みやすくて、良い書類になるかは、明らかですよね。

また、ある分野の学習が、途中でわからなくなった時にも、辞書を使うことが効果的です。

少し前の部分や、思い切って最初に戻り、辞書で意味を確認しながらもう一度進めると、大体わかるようになります。

十数年前までは、『辞書を引く』という作業はとても面倒でした。辞書の値段も結構高いので、負担にもなりました。

でも今はパソコンとインターネットが普及しています。ネット上には、無料で使えるオンライン辞典がたくさんあります。

それにキーワードを入力するだけで、簡単に調べることができます。

どうせパソコンを使って仕事をしていることが多いのです。オンライン辞書で調べるというチョットした手間を加えるだけで、仕事の質が向上します。

以下は私が頻繁に使っているオンライン辞書です。一日に何度も調べています。

Yahoo!辞書 国語、類語、英和、和英など
IT用語辞典 e-Words ITに関する用語全般
ウィキペディア(Wikipedia) コピーレフトの百科事典
Weblio辞書 辞書のポータルサイト

「Yahoo!辞書」は、文章を書く時に頻繁に使います。言葉の意味や漢字を調べたり、類語で他の言い方がないか探しています。

パソコンやITに関する用語なら、とりあえず「e-Words」で調べます。アクセスランキングがあるので、どんな言葉が注目されているかもわかります。

「Wikipedia」は、誰でも記事の追加や編集に参加でき、引用することもできる辞典として有名です。

「Weblio辞書」は、あらゆるオンライン辞書が集められた、いわゆる辞書のポータルサイトです。分野別にオンライン辞書が整理されていて、横断検索もできることが特徴です。

オンライン辞典は、検索が簡単で、言葉がリンクでつながっているので、芋ズル式に調べられるというメリットがあります。

昔ながらの紙の辞書は、調べようとしていた言葉の周辺に、意外な発見があるというメリットがあります。電源も不要です。

どの辞書でもかまいませんが、とにかく調べるという習慣を身に付けることが大切なのです。

本来、辞書を引くという作業は、知的好奇心を満たしてくれる楽しいものでもあります。

大人のためのスキルアップ塾では、ぜひ身に付けていただきたいスキルアップの一つです。


【ワンポイント】
もしオンライン辞書で言葉が見付からない時は、探すコツがあります。

Yahoo!やGoogleで「○○とは」というキーワードで、普通に検索すると、見付かることがあります。

「とは」の後には、その言葉の意味を説明している場合が多いからです。
| 辞書を活用する | pookmark |

スポンサードリンク





Copyright 2014 pfmag All rights reserved.

プライバシーポリシー

にほんブログ村 IT技術ブログへ JUGEMブログテンプレート ▲このページの先頭へ