大人のためのスキルアップ塾

大人になってからの学習のほうが大切です。プログラミングをはじめ、直ぐに仕事に活かせるスキルが学べます。ネットで無料で学べる講座です。
大人のためのスキルアップ塾トップ > タッチタイピングが必要な理由 > なぜタッチタイピングが必要なのか?
新着情報

スポンサードリンク



なぜタッチタイピングが必要なのか?
タッチタイピングが出来たほうがよい最大の理由は、時間短縮です。

仕事が速くなったり、プログラミングなどの学習が速くなります。

時間短縮できれば、余った時間で他の事ができます。さらに仕事を進めてもいいし、勉強の時間にしたり、余暇に使うこともできます。

あなたがスキルアップする時間を作るためにも、タッチタイピングは有効なのです。

現在はコンピュータ社会です。ほとんどの仕事でパソコンが使われています。

事務系だけでなく、営業職でもプレゼンテーションの資料を作ったり、集計、報告書の作成、メールなど、パソコンを使う機会が多いものです。

それは技術職や経営者でも同じです。

そして、パソコンを使う作業のほとんどが、入力作業です。

したがって、キー入力のスピードが、そのまま仕事のスピードにつながります。

タッチタイピングができると、思い付いたことを、パソコンの画面から目を離すことなく入力できるので、作業が数倍アップします。

それにともない、情報をアウトプットする機会も数倍になります。

今のコンピュータ社会は、アウトプットした量が、収入に比例する傾向があるので、とても大事なことです。

実際には思考する時間も必要なので、数倍にならないこともあります。でも数割りは確実にアップします。

元々キー入力の遅かった人ほど、タッチタイピングの効果が出ます。

タッチタイピングができると、指が勝手に動くような感覚があります。もちろん少しは意識していますが、最小限の意識で入力できる感じです。

入力という作業で、思考するエネルギーをロスしないで済むので、本来の思考に集中できます。

パソコンを使った仕事では、脳とパソコンの連係プレーで仕事が進みます。

頭で思いついたことを画面上で表現し、それを見て、また頭で考えるという作業を繰り返します。(良いフィードバックの状態)

また、キー入力が速くなると、考えていることを、忘れないうちにどんどん形にできる感じがします。

アイデアは忘れやすいので、入力しているうちに忘れてしまうことがありますよね。そのようなことが減ります。

*もし忘れそうなら、先に手書きでメモしたほうがよいのですが

それにタッチタイピングができると、ストレスが減るし、考える時間が増えます。

私も「こんなことならもっと早く習得しておけばよかった」と思っています。

今はパソコンを使える人は多いのですが、タッチタイピングできる人は、意外と少ないのが現状です。プログラマーでも出来ない人がいます。

少しの練習で、仕事が速くなり、効率化できるのにもったいないです。

だから大人のためのスキルアップ塾では、タッチタイピングの習得をお薦めしているのです。

タッチタイピングは一番簡単で、しかも効率的なスキルアップといえます。

1日たった10分の練習で、1ヶ月でタッチタイピングが習得できる方法。
| タッチタイピングが必要な理由 | pookmark |

スポンサードリンク





Copyright 2014 pfmag All rights reserved.

プライバシーポリシー

にほんブログ村 IT技術ブログへ JUGEMブログテンプレート ▲このページの先頭へ